2008年11月05日

ストックオプション

ストックオプションはキャッシュアウトなしに経営者及び従業員に報酬を与え、かつ、業績を良くして株価を上げるインセンティブを与える制度であり、この制度を活用している企業は多々あると思いますが、個人的には著しい欠陥を有しているものだと思っております。現在のような株式市場が暴落している時は分かり易いのですが、株価は業績と需給によって決まるものです。よって、経営者や従業員の努力や能力によるものだけでなく、株式市況や景気動向に依存する割合も相当程度大きいのです。よって、経営者や従業員の努力や能力に関係なく、株式市況が良くなり株価が上がると、その享受を一方的にストックオプションを付与された者は享受し(本来これは株主が享受すべきものです)、下落局面には当然ですが全くその損害を受けることはありません。よって、いい時だけ享受し悪い事は被害を被らないという制度なのです。こうした株価下落局面で、ストックオプションの行使価格を切り下げながら複数回発行し続け、株価のリバウンドにより株価が上昇した場合においては、仮に下落前の株価とリバウンド後の株価が同額で株価が全く上がっていない状況であるにもかかわらず、ストックオプションを付与された者は多額の利益を享受してしまうのです。
こうした事を考えると、資金がないのであれば、エクイティファイナンスを行った上で、業績(対前期比、対予算比等)に応じて、キャッシュアウトする賞与等を支払うのがありうべき姿であり、株主価値が毀損しないことになると思います。
posted by Japan Corporate Valuation Institute,Ltd. at 20:45| Comment(40) | TrackBack(0) | コーポレートファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

企業価値と一株当り企業価値

良く企業価値の最大化を経営指針としているといった話を聞きます。
これは実は大きな間違えなのです。目標とすべきは、一株当り株主資本価値の最大化となります。
なぜなら、単に会社が借入を行い入金したら、企業価値は借入を行った金額と同額増加します(=企業価値とは借入金と株主価値の合計だからです)。
では株主価値の最大化を目標とすればいいかというとこれも違います。なぜなら、単に有償増資をすれば、同額だけ株主価値は上がるのです。株主価値が増加すると株主はハッピーといえるのでしょうか?
株価又は一株当り利益、安全性が下がる場合も多々あるからです。
よって、経営者は一株当りの株主資本価値を最大化する必要があります。
現状の低迷している株式市場等考えれば、株主価値は減少しますが、自社株買いが最も「一株当り株主資本価値」を高くする投資?といった場合が多いと思います。


山沢
posted by Japan Corporate Valuation Institute,Ltd. at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コーポレートファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。